FC2ブログ

旧イリアイ町界隈には『たまりみず』という名のサビ崩れたカフェがあります。そこでは、退屈に閉じ込められた他愛の無い、やっぱり退屈なお話がたっぷり詰まっています。そんなお話たちの一片をごらんになれる地球で唯一の場所。。

アクセスカウンター

無料カウンター出会い出会い映画SEO出会い出会いSEO対策SEM TODAY: YESTERDAY:

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

新管理メニュー

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

阪神大震災から11年。。。 

2006年1月17日をもって、阪神大震災から11年が経つ。はや11年。

当時ボクは19歳で大学生、後期試験を明日に控えるため遅くまで資料を読み漁っていた。

朝方まで起きていたと思う。

寝付くか寝付かないかをうとうとしていた時、突如として激しい揺れがあった。

はじめ、これはただの地震ですぐに収まるだろうと、眠たい布団の中で高をくくっていた。

次第に揺れが強くなり、横揺れではなく縦揺れに変わり、体験したこともないような強い衝撃が地の底から突き上げると、ボクの家を押し上げて落とした。

ボクはこのときはっきりと死を意識した。

すべてが崩れ去る紙一重のところまで、木造二階建ての家は激しく揺れ動いたのだった。

ボクの部屋の本棚はすべて倒れ、箪笥は倒れ、間一髪で箪笥の下敷きから免れた。

窓の外の暗いはずの空が、なぜか明るかった。


そうしてボクたち一家は被災した。

幸い家が倒壊することはなかった。

外壁にひびが入り瓦が落ちた程度のこと。

家財道具は多くを破損したが、誰も怪我をすることはなかった。


何が起こったのか、外の世界のことは何もわからなかった。

もちろん、神戸の町が焼け野原になっていたことなど知るはずもない。

電気もガスも水道も、もはや止まっていたのだ。

当時から日記をつける習慣があり、その当時の様がリアルに蘇ってくる。

『それにしても何か変わったことでもあったのだろうか?と1940年の9月(フランスがドイツに降伏したとき)にあの出不精の小市民が家具に埋まりながら言ったことです。みな相変わらずビフテキを食べているじゃないかと。変化は外側にしか存在していなかったのです。その変化は彼に何の係わりがありましょう』ヴォーボワールの本から引用して、情報が寸断される恐怖を書いていた。

テレビやラジオが無くなった瞬間、世界のことは何もわからなくなってしまう。

その脆さがおそろしい、と。

1月17日の夕方、ボクは市内のアルバイト先へ遅刻しないように自転車を走らせていた。

割れたアスファルトと崩れたブロック塀で何度も通行を妨げられながらも、結局たどり着いてしまった。

今に思えば、営業しているはずもないのに。



バイト先の先輩の車に乗って、国道43号線を神戸へ向かったのは、被災してから1ヶ月近く経ってからのことだった。

地割れの起こったアスファルト、崩れたビル、傾いたビル。。。町中が崩れて死に、人の気配が一切消え、ボクは傾いたビルの裏にひっそりとまわり、嘔吐した。

ボクの知っていた神戸は無かった・・・・。


それから数年後、アルバイトで仮設住宅、復興住宅に何度か係わったことがある。

ひどく怒られたこともあれば、ひどく感謝されたこともある。

仮設住宅に長く暮らす人々は、どこかしらおかしくなってくるんだろうかと、薄っすらと感じていた。


今は復興住宅が立ち並ぶ。

ボクが引越しのお手伝いをした尼崎市内の復興住宅も、当時のまま残されている。

今朝の毎日新聞の一面の記事では、復興住宅の高齢化率が44.4%にものぼったとのこと。

みんな年をとってゆく。

五十代だった人は六十代になった。

十代の若者だったボクは三十代になった。

思いはあの当時のまま、だけれど。

スポンサーサイト
2006/01/15 00:40|未分類TB:1CM:1

雪の被害 

京都でも例年になく寒い日々が続き、去年の暮れから今年に入って積雪があり、久しぶりに雪薄化粧を施した町並みを見るのは、たとえ厳しい寒さがあったにせよ、新鮮で胸が躍った。

吹雪の中、傘をさしての出勤も実はあまり苦になっていなかった。

が、積雪が激しい地域はそれどころではなさそうで、あまりに降り続く雪の重量で、建物が倒壊する被害が出ており、死者が数十人にも登っているという。

雪に馴染みの無いボクらにとっては想像もつかないことだ。

記録的な大雪・・遠い雪国では大変な苦労の中、懸命に生活している方々がいる。


雪には『神聖さ』や『清らかさ』という語源があるらしいが、なんでもかんでも雪はすべてを包み隠し、真っ白にしてしまう。よく晴れた日には眩しすぎて目が開けられない。

まさに明るく清らかな世界。

スキーはしなくてもスキー場へ行くのは好きな人は多いだろう。

そんななかでも、今年は想定外の積雪量であったため、様々な被害に苦しめられる。野菜の高騰も、そろそろ深刻だ。

なんでもほどほどがいい。


2006/01/11 22:02|ニュース&時事を語るTB:0CM:0

木下大サーカス 

20060111101808.jpg

kinoshitasa-kasu.jpg


クソ寒い中だろうがなんだろうが、とにかく一日中家の中にい続けることに我慢ならない質で、雪の降りしきる中、息子を乗せてチャリンコを飛ばした。

自宅から15分程度行くと東寺に到着。

東寺から梅小路公園へと進むルートは、お気に入りのサイクリングコースとなっている。途中数件のラーメン屋があり、中でも白味噌ラーメンがあっさりしていて案外美味い。

梅小路公園の広場で息子を遊ばせてやろうと連れて行くと、偶然にもサーカスのテントを発見した。

以前からやってたのは知っていたが、特に関心はなかった。。。

見れば長蛇の列。サーカスって意外と人気あるんだね。

退屈凌ぎというわけでもないが、思わずチケットを衝動買い。どうせ見るなら指定席を買って、開園時間まで広場で息子と雪合戦した。

「ところでパパ、お弁当は持ってきた?」
と唐突に不躾な質問が息子から入った。

「あるわけねえよ」
と当然のごとく返答すると、

「ええーっ!ないの!どーすんのー!なんで持ってこなかったのさーー!」
と息子は生粋の関西人のはずがなぜか標準語。テレビの見すぎだね。4歳にして先が思いやられるよ。

芝生を見ると遠足を思い出すのか、公園に来るたびに弁当はどうしたと聞かれる。哀れな息子よ、次回はほか弁でも用意するとしよう。


サーカスがはじまった。

テントの中は意外と狭い。

ずいぶん昔、ボクがまだ無邪気で善良な小学生だった頃、うっすらと見た記憶がある程度で、ほとんど覚えが無い。

ピエロが出てきて、つなぎつなぎで大道芸を披露した。

ってゆうか、ピエロもとよりほとんどが大道芸だったりする。

シマウマやキリンが出てきたり、ライオンとトラの猛獣ショーがあったり、イリュージョンあったりとしたが、2時間も見ると、効き過ぎた暖房で睡魔に襲われ、後半は寝たり覚めたり。。。息子はそれなりに喜んでいたので、観た甲斐はあったが。

どんなにすごいものでも見過ぎるとダメで無邪気に喜べない。

大人って、なんだかすごく損だなと思う。


まあなんだかんだいって面白かった。空中ブランコとか面白かった。

次も観たいかと問われたなら、もうお腹一杯だよ、と答えるだろうけど。

2006/01/11 10:30|未分類TB:0CM:4

【映画】ハリーポッターと炎のゴブレット 

観て来ました。

今回で映画は4作目ですが、回を重ねる度に見ごたえが出てきてます。

はっきりいって1作目の賢者の石を観た時は、2作目はどーでもいいかなって思ってましたが(苦笑)

映画を撮るよりCG製作に膨大な時間を費やしたのだろうと、製作者の苦労が伺えます。その甲斐あって極めて迫力ある映像で、2時間強の時間はあっという間に過ぎてしまいました。

むかし、デロリアンは本当に空を飛ぶのだ、と信じていたクラスメイトがいましたが、本当に魔法使いはいるのだ、と信じる子供が100人に5人くらいはいそうです。

サンタクロースを信じるよりはるかに現実的です。


思えばボクらの年代は『ET』やら『未知との遭遇』やら『ネバーエンディングストーリー』やらを子供時代夢中になって観た年代で、町にできた出来立てのビデオレンタルは一律500円でした。

親にねだっては小学校5年生の頃からよくレンタルビデオ屋を利用したものです。

小学校当時のボクを現代に連れてきて、ハリーポッターを観せたとすると、度肝を抜かれて失神するかあるいは卒倒するかあるいは放心状態となるか、いづれにせよ強烈なイメージが生涯付きまとうことでしょう。

ボクらの世代は、映像を追求してきた世代だったのかもしれませんね。

今CGやゲームや映画の世界で活躍しているのはボクと同世代の人間が多いように思います。

ハリーポッターの原作は読んだことがありませんが、わりと本の内容を忠実に描いているらしいです。

ストーリーの設定、展開は実に上手く作られていると思います。

というか王道中の王道をゆく作りかと思います。

それはスターウォーズもおんなじですが(苦笑)いやそもそもがエンターテイメント系の映画はそういうもんです。

王道です。だから面白い。

できるだけ映画館で観ることをオススメします。

ポップコーンとコーラを持ってじっくりゆったり観てください。



2006/01/06 01:23|未分類TB:1CM:0

2006年1月1日午前12時00分 

2006.jpg


20060101114939.jpg


20026.jpg


あけましておめでとうございます

本年度もよろしくお願いします。

今年最初のおみくじは『大吉』でした。

今年もいいことがたっぷりありそうです。

良いお正月をお過ごしくださいませ。
2006/01/01 11:57|My だいありーTB:0CM:0

プロフィール

ろんど

Author:ろんど
高校時代に伝説のパンクバンド『Felicitous Dog』のメインボーカルとして活躍。ライブ活動多数。「今夜はオレのためにありがとう」などのMCで一躍脚光を浴び大スターの座に躍り出た。高校3年の学祭ではトリを務め、全校生徒を完全に魅了した。バンドは高校卒業時解散。
その後デュオ『Power of myth』のメインボーカルとして再び音楽活動に入る。神話的イメージとタンゴ調POPSの融合を試み新しい音楽の創造に尽力、友人、知人、他人、周辺住民の間で一世を風靡した。活動期間わずか4年で解散。
一方、大学在籍一年時に非公認サークル『創作文藝会』を有志4人らとともに創設。初代~3期の会長に就任。文芸同人誌 『ん!?』の編集長として創刊号から第9号まで手がける。
自身も小説、ポエム、エッセイ、旅行記など幅広く投稿し作家としての一面も合わせ持った。淡い青春時代の虚栄心を克明に描いた処女作『はげ』で衝撃のデビュー。『正常な狂人』『路地裏メルヘン倶楽部』『テープスペクタクル』『シルエット』『おやっさんの体験談』『山田X』『光芒の黒』『循環』など次々とヒット作を連発し、ファンタジックな世界観をやさしく流麗な文体で表現した悲喜劇が主に女性読者層のファンを集めた。また自身の旅行記を著した『中国おったまげ探訪記』『インド・ネパールぶったまげ放浪記』などアクティヴ派作家としての一面も持ち、抱腹絶倒で痛快な文体は学生諸君に夢と希望を与えた。詩人としては、銀色夏生をもじったペンネーム 金色なめを で純情恋愛ポエムを次々と発表。学内の話題を総なめにした。他、読書案内の『ろんどのやけっぱち書房』シリーズ、映画紹介の『寝巻きでシネマ館』シリーズなどがある。
第3期目には非公認サークルから大学公認クラブへと昇格させ、大学から予算がおりるようになるやいなや、連日連夜に渡って放蕩の限りを尽くした。
学生時代はインド、ネパール、インドネシア、中国、西欧諸国等海外放浪をライフワークとした。おかげで日本社会に馴染みきれないもどかしさがある。

現在はしがない会社員。一児の父。趣味は散歩と昼寝の他、特にない。座右の銘は『私が自画自賛しなければ一体誰がしてくれよう』である。

Copyright(C) 2006 たまりみず All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。