FC2ブログ

旧イリアイ町界隈には『たまりみず』という名のサビ崩れたカフェがあります。そこでは、退屈に閉じ込められた他愛の無い、やっぱり退屈なお話がたっぷり詰まっています。そんなお話たちの一片をごらんになれる地球で唯一の場所。。

アクセスカウンター

無料カウンター出会い出会い映画SEO出会い出会いSEO対策SEM TODAY: YESTERDAY:

最近の記事

カテゴリー

全記事(数)表示

全タイトルを表示

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

新管理メニュー

WEBコンサルティング joomlaでホームページ制作 ブログパーツ制作

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

もっとも野蛮な行為 

愛知で鳥インフルエンザ 農場のウズラ殺処分へ
2009年2月27日(金)13:22
 農林水産省と愛知県は27日、同県豊橋市のウズラの飼育農家で、ウズラが高病原性の鳥インフルエンザに感染し、H7型のウイルスが確認されたと発表した。国内の家畜農場でH7型が見つかったのは1925年のニワトリ以来、84年ぶり。ただ、この農場では1羽も死んでおらず、同省は弱毒性の可能性が高いとみて遺伝子分析を急いでいる。

 国内の家畜農家で、高病原性の鳥インフルエンザウイルスが確認されたのは、07年1~2月の宮崎県と岡山県での感染以来。


このニュースは本日の午後、当社の中でも駆け巡ったのだけれど。

当社のうずら卵も、事件のあった農場より入荷しており、即座に店頭よりうずら卵を撤去するように、本部より指示があった。

食の安心安全が叫ばれる昨今だが、過剰反応とも言える。。

実際、食卵より感染したケースが無く、医学的根拠もあるとのこと。

感染例として感染した鶏の羽をむしりさばいた食肉業者や、感染したアヒルと遊んでいた(?)くちばしにキスでもしてたのか?・・・、また感染したアヒルの生血を使った料理を食べた、または感染した鶏肉を、よく火を通さずに食べた等であるらしく、人体への感染例としては少ないらしい。

オランダの方では1000人の感染者を出して、内ひとりは亡くなられたのだとか。

ま、普通のインフルエンザでも死亡例なんてたくさんあるし、病を克服する体力がなければどんな病気にかかったって死ぬ人は死ぬ。


今回の事件で、結局国が取った解決策は、28万羽のうずらを殺処分すること。。。

だがちょっと待てよ、と思うのだ。

28万羽・・・ってさらって報道してるけど、28万羽だよね?

28万羽って、280000羽だよね?

弱毒性、1羽も死んでいない、卵から人体に感染しない、それでも28万羽も殺すのだよね?

昔、オランダで死亡例が出た、その1例だけでたった一人の人間と28万羽のうずらとを天秤にかけると、たった一人の人間の方が圧倒的に重いんだ。

しかもその一人の人間は出るか出ないかわからない。

それでも28万羽のうずらは殺されてゆく。

人間に例えたら、中核市の人口丸ごとが、この世の中から葬り去られるのと同じだ。

一方で命の重みを訴えながら、都合が悪くなるとゴミを捨てるように命を捨てる。

どうしようもなく野蛮な行為だと思わないか?

さらに恐ろしいことには、どのマスコミも28万羽殺処分は当然のことのように報道している。

ありのままの事実を伝えるのが報道だというのなら、山のように積み上げられた死骸の山を、全国のお茶の間の皆様にお届けするべきだろう。

目を背けないのが、せめてもの償いだろう。

28万羽は28万個のゴミじゃない。

命なのだから。
スポンサーサイト
2009/02/28 01:01|ニュース&時事を語るTB:0CM:2

コメント


ふと頭をよぎったのは、過剰反応という言葉です。
本来人間は、自然の中で強く耐性を持って子孫を残すようにできているはず。
いつから、小さな危険まで排除し、危険となりそうなものまで避けてしまうほど弱くなったんでしょう。

人間を危険なく生かして、生活させるために28万の命は捨ててよいと?

命はただ一つのもの、人間一人も鳥1羽も、すべて重さは同じはず。
ただ、生きるために食用として頂く命は、大切に「いただきます」って言って食べるものだと思います。
ちょっと悲しいニュースですよね。
沙羅双樹 #JalddpaA|2009/03/01(日) 00:38 [ 編集 ]

だったらどうすればいいのか?

うずらを殺処分しないで感染を食い止める方法は他にもあるのか?

と言われれば、対案は出せません。

パンデミック、予測できない事態に陥ってしまう可能性もある。

それはわかるんだけれど、命に対する敬意がどのマスコミからも感じられないんだよね。

さも当然のように。議論する余地も無いってほどに。

うずら業者が失業することの方が問題になっちゃって。

どこまでも人間のエゴだよな。。と思った。
ろんど #-|2009/03/03(火) 22:01 [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://ronndo1974.blog34.fc2.com/tb.php/95-10a2dc71

プロフィール

ろんど

Author:ろんど
高校時代に伝説のパンクバンド『Felicitous Dog』のメインボーカルとして活躍。ライブ活動多数。「今夜はオレのためにありがとう」などのMCで一躍脚光を浴び大スターの座に躍り出た。高校3年の学祭ではトリを務め、全校生徒を完全に魅了した。バンドは高校卒業時解散。
その後デュオ『Power of myth』のメインボーカルとして再び音楽活動に入る。神話的イメージとタンゴ調POPSの融合を試み新しい音楽の創造に尽力、友人、知人、他人、周辺住民の間で一世を風靡した。活動期間わずか4年で解散。
一方、大学在籍一年時に非公認サークル『創作文藝会』を有志4人らとともに創設。初代~3期の会長に就任。文芸同人誌 『ん!?』の編集長として創刊号から第9号まで手がける。
自身も小説、ポエム、エッセイ、旅行記など幅広く投稿し作家としての一面も合わせ持った。淡い青春時代の虚栄心を克明に描いた処女作『はげ』で衝撃のデビュー。『正常な狂人』『路地裏メルヘン倶楽部』『テープスペクタクル』『シルエット』『おやっさんの体験談』『山田X』『光芒の黒』『循環』など次々とヒット作を連発し、ファンタジックな世界観をやさしく流麗な文体で表現した悲喜劇が主に女性読者層のファンを集めた。また自身の旅行記を著した『中国おったまげ探訪記』『インド・ネパールぶったまげ放浪記』などアクティヴ派作家としての一面も持ち、抱腹絶倒で痛快な文体は学生諸君に夢と希望を与えた。詩人としては、銀色夏生をもじったペンネーム 金色なめを で純情恋愛ポエムを次々と発表。学内の話題を総なめにした。他、読書案内の『ろんどのやけっぱち書房』シリーズ、映画紹介の『寝巻きでシネマ館』シリーズなどがある。
第3期目には非公認サークルから大学公認クラブへと昇格させ、大学から予算がおりるようになるやいなや、連日連夜に渡って放蕩の限りを尽くした。
学生時代はインド、ネパール、インドネシア、中国、西欧諸国等海外放浪をライフワークとした。おかげで日本社会に馴染みきれないもどかしさがある。

現在はしがない会社員。一児の父。趣味は散歩と昼寝の他、特にない。座右の銘は『私が自画自賛しなければ一体誰がしてくれよう』である。

Copyright(C) 2006 たまりみず All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。